先端技術の導入

自動車業界にとどまらず、パソコンなどの機械のテクノロジーがどんどん進化してきたことによって私たち人間の生活はとても豊かで便利なものになりました。 それは自動車業界にとっても全く同じことが言えるものであり、たとえば道を調べるのにいちいち地図を広げることの無いように開発されたカーナビゲーション システムや、広々とした車内空間を実現するための車作り、安全に関しての取り組みなどさまざまな先端技術が開発されてきましたが、それらにいち早く取り組 んでいたのがヨーロッパ各国の自動車メーカーであり、フランスのルノーも古くから取り組んでいました。

 

ルノーは先端技術に関してはやはりそのデザイン性が 注目されることになり、デザインが好きだからルノーのファンになったと言う人も居るくらいデザインには独創性を持っています。また1962年に発売された 「8」と呼ばれる自動車には、大量に生産される自動車としては世界初となる4輪ディスクブレーキを採用しました。それからその後の「16」と呼ばれる車で は世界初のハッチバックの自動車として発売するなどして、前述の通り古くから先端技術を取り入れることに積極的なチャレンジをして来たルノーが高い評価を 受けてきた証なのです。