安全への配慮

自動車は一歩間違えると走る凶器になってしまいます。ですがそれはドライバーになんの問題が無くても、車自身にトラブルがあってその結果として事故が起 こってしまうことも少なくありません。それらをなるべく少なくするために、各国の自動車メーカーはさまざまな技術を開発してきました。

 

たとえばブレーキが ロックするのを防ぐABS(アンチブレーキロックシステム)、横滑り防止装置の登場など、自動車業界でも技術が進歩することによって安全性、機能性が重視 されるようになりましたが、これらの安全性などの先端技術を真っ先に開発していたのはヨーロッパの自動車メーカーたちであり、ルノーもその例外ではありま せんでした。

 

特にルノーは大量生産する車のブレーキに世界初となる4輪ディスクシステムを採用するなど、デザインだけでなく安全性の追及にも古くから熱心 にチャレンジを繰り返し、たずさわってきたメーカーとして知られています。またテレビのコマーシャルではその安全性の高さを立証するかのようなものが作ら れ、ルノーの車が徐々に壊れて行っても、最終的に大破したルノーの車が動いていたりと言うようなコマーシャルが作られたりして、話題を呼んだものになりま した。