ルノーの歴史

フランスではプジョーシトロエンと双璧を成す2大自動車メーカーのひとつであり、ヨーロッパの中でトップの実績を誇っているのがフランスのルノーです。そ のルノーの歴史は第二次世界大戦以前からはじまっており、フランス人のエンジニアである類・ルノーとその兄弟たちが設立した自動車メーカーとして知られて きました。

 

現在では自動車メーカーとして名が知られているルノーですが、第二次世界大戦以前においては航空機やボートの生産にたずさわっていた時期もあり ましたし、その後は大型トラックや軍事車両の開発と生産にも着手していた時期がありました。そんな経緯を持つこのメーカーの車作りの特徴はなんと言っても その先進的なデザインにあるでしょう。先進的なデザインで消費者のハートをキャッチし、そのデザインは現在でも確実に受け継がれてきています。

 

また注目す べきなのはデザインばかりではなく、安全性と品質、それから先端技術へのチャレンジ精神もです。先端技術は他のフランスの自動車メーカーと同じようにル ノーも積極的に取り入れるようにして、現在の自動車の技術を作り上げてきました。それからその先端技術は安全性と品質の向上に惜しげもなく使われているの です。