日本とのかかわり

フランスのみならず、ヨーロッパでは最大の自動車メーカーとして現在でも世界中で支持を受けているルノーですが、日本とのかかわりはどのようなものかと言 うと、やはり日産自動車との関係がもっとも強いものとされています。日産自動車の関係はどのようなものであるかと言うと、ことの始まりは1999年の3月 27日に、深刻な経営の危機を当時迎えていた日産自動車を傘下に入れることを発表したことからはじまりました。横浜のミュゼ店舗情報はこちらです。これによりルノーが日産自動車の株を44 パーセント持ち、逆に日産自動車がルノーの15パーセントの株を持ち、そうした株の持ちあいを経てルノーの主導のもと、ルノーが日産自動車に開発陣を送り 込むなどして経営の危機を脱するためにスタートしたのです。

 

あの有名なカルロス・ゴーんもこのルノーのプロジェクトによって送り込まれた人物で、経営危機 を脱するために要らない工場を閉鎖したり人員の削減を行うことをしたほか、コストの削減や子会社の統廃合などにも着手して日産は経営危機から脱出すること に成功しました。そして1998年に日産は2兆円の負債を抱えていたのですが、それも2003年に返済し終えるなど、ルノーが指導したからこそ今の日産が あると言っても良いでしょう。

 

 
ミュゼ八王子でワキ脱毛