Archive for the ‘ルノーの歴史’ Category

日本とのかかわり

フランスのみならず、ヨーロッパでは最大の自動車メーカーとして現在でも世界中で支持を受けているルノーですが、日本とのかかわりはどのようなものかと言 うと、やはり日産自動車との関係がもっとも強いものとされています。日産自動車の関係はどのようなものであるかと言うと、ことの始まりは1999年の3月 27日に、深刻な経営の危機を当時迎えていた日産自動車を傘下に入れることを発表したことからはじまりました。横浜のミュゼ店舗情報はこちらです。これによりルノーが日産自動車の株を44 パーセント持ち、逆に日産自動車がルノーの15パーセントの株を持ち、そうした株の持ちあいを経てルノーの主導のもと、ルノーが日産自動車に開発陣を送り 込むなどして経営の危機を脱するためにスタートしたのです。

 

あの有名なカルロス・ゴーんもこのルノーのプロジェクトによって送り込まれた人物で、経営危機 を脱するために要らない工場を閉鎖したり人員の削減を行うことをしたほか、コストの削減や子会社の統廃合などにも着手して日産は経営危機から脱出すること に成功しました。そして1998年に日産は2兆円の負債を抱えていたのですが、それも2003年に返済し終えるなど、ルノーが指導したからこそ今の日産が あると言っても良いでしょう。

 

 
ミュゼ八王子でワキ脱毛
 

 

 

安全への配慮

自動車は一歩間違えると走る凶器になってしまいます。ですがそれはドライバーになんの問題が無くても、車自身にトラブルがあってその結果として事故が起 こってしまうことも少なくありません。それらをなるべく少なくするために、各国の自動車メーカーはさまざまな技術を開発してきました。

 

たとえばブレーキが ロックするのを防ぐABS(アンチブレーキロックシステム)、横滑り防止装置の登場など、自動車業界でも技術が進歩することによって安全性、機能性が重視 されるようになりましたが、これらの安全性などの先端技術を真っ先に開発していたのはヨーロッパの自動車メーカーたちであり、ルノーもその例外ではありま せんでした。

 

特にルノーは大量生産する車のブレーキに世界初となる4輪ディスクシステムを採用するなど、デザインだけでなく安全性の追及にも古くから熱心 にチャレンジを繰り返し、たずさわってきたメーカーとして知られています。またテレビのコマーシャルではその安全性の高さを立証するかのようなものが作ら れ、ルノーの車が徐々に壊れて行っても、最終的に大破したルノーの車が動いていたりと言うようなコマーシャルが作られたりして、話題を呼んだものになりま した。

 

 

 

 

 

先端技術の導入

自動車業界にとどまらず、パソコンなどの機械のテクノロジーがどんどん進化してきたことによって私たち人間の生活はとても豊かで便利なものになりました。 それは自動車業界にとっても全く同じことが言えるものであり、たとえば道を調べるのにいちいち地図を広げることの無いように開発されたカーナビゲーション システムや、広々とした車内空間を実現するための車作り、安全に関しての取り組みなどさまざまな先端技術が開発されてきましたが、それらにいち早く取り組 んでいたのがヨーロッパ各国の自動車メーカーであり、フランスのルノーも古くから取り組んでいました。

 

ルノーは先端技術に関してはやはりそのデザイン性が 注目されることになり、デザインが好きだからルノーのファンになったと言う人も居るくらいデザインには独創性を持っています。また1962年に発売された 「8」と呼ばれる自動車には、大量に生産される自動車としては世界初となる4輪ディスクブレーキを採用しました。それからその後の「16」と呼ばれる車で は世界初のハッチバックの自動車として発売するなどして、前述の通り古くから先端技術を取り入れることに積極的なチャレンジをして来たルノーが高い評価を 受けてきた証なのです。

 

 

 

 

 

タクシー

タクシーといえば、今では自動車の免許をもっていない人の交通手段であったり、飲み会などでアルコールを体内に取り入れてしまったために帰りの足として使 われるのが日本では当たり前ですが、実はこのタクシーには第一次世界大戦の中でフランスにおいて大活躍し、このタクシーがフランスを救ったとも言われるほ どの話になりました。

 

何故そんな話になったのかと言うと、それはフランスの自動車メーカーのルノーのタクシーによる功績だったのです。第一次世界大戦では パリに近いマルヌと言う街でドイツの陸軍が侵攻してきたところをフランス軍が食い止めなければなりませんでした。

 

ですが、この戦いにおいてフランス軍は不 利な状況に追い込まれており、それを打破するために当時のフランス軍のジョゼフ・ガリエニ将軍(パリの軍事提督)がパリの街を走っていたルノーのタクシー およそ1200台を急いでチャーターし、それになんと完全武装したフランス軍の兵士達を乗せてマルヌまで運んだことにより、ドイツ陸軍の攻撃からフランス 軍がパリの街を守ったのです。このことから「ルノーのタクシーがパリを守った」と言われることになり、パリのルノーのタクシーは「マルヌのタクシー」とも 呼ばれるようになったのです。

 

 

 

 

 

ルノーの歴史

フランスではプジョーシトロエンと双璧を成す2大自動車メーカーのひとつであり、ヨーロッパの中でトップの実績を誇っているのがフランスのルノーです。そ のルノーの歴史は第二次世界大戦以前からはじまっており、フランス人のエンジニアである類・ルノーとその兄弟たちが設立した自動車メーカーとして知られて きました。

 

現在では自動車メーカーとして名が知られているルノーですが、第二次世界大戦以前においては航空機やボートの生産にたずさわっていた時期もあり ましたし、その後は大型トラックや軍事車両の開発と生産にも着手していた時期がありました。そんな経緯を持つこのメーカーの車作りの特徴はなんと言っても その先進的なデザインにあるでしょう。先進的なデザインで消費者のハートをキャッチし、そのデザインは現在でも確実に受け継がれてきています。

 

また注目す べきなのはデザインばかりではなく、安全性と品質、それから先端技術へのチャレンジ精神もです。先端技術は他のフランスの自動車メーカーと同じようにル ノーも積極的に取り入れるようにして、現在の自動車の技術を作り上げてきました。それからその先端技術は安全性と品質の向上に惜しげもなく使われているの です。